釣り

タコテンヤの自作

タコ針の自作をしていて材料が大量に余ったので、ステンレスワイヤーでタコテンヤが出来ないかなと思い自作してみました。デビルクローのワームをつけると、デビルクローとデビルクローエイトのあいの子みたいになりましたが、自分的には気に入っているので、しばらくこれを使ってみます。

準備

タコ針自作とそう変わりませんので、私のタコ針自作を参考にしてください。違う点は今回は曲げ用のパイプは直径16mmを使用、30cm 直径2mmのステンレスワイヤー(私の場合は30cmの焼き鳥串を利用)、と直径1.2mmのステンレスワイヤー(1.2mmは刺さりは良いですが、強度が弱く曲がりやすいので1匹釣るたびに修正して使用しています。曲がりにくさでは1.6mmぐらいあったほうが良いかもしれません。)あとは木の玉を黄色に塗ったもの直径3cmを準備しています。木の玉は無くても良いですが、海底に岩や海藻の障害物があった際、ワームが直接引っかかることになりますので、すぐにダメになると思います。テストで玉無しでやったら手が取れたり、ザリガニがいなくなったりしました。(笑) 

加工

片側を尖らせた直径2mmのワイヤーを12cmの所で折り曲げ、木の玉に穴を開けたものを差します。(写真は11cmで出来上がったら真ん中針が長すぎました。)木の玉は(障害物をかわせたらなんでも良い)です。それと写真奥にある直径1.2mm、長さ15cmのワイヤーの両側を尖らせて半分に折り曲げて下さい。

次にアルミスリーブを写真のように3つ差し、ついでに2つ折りのワイヤーもセットし、玉の近くのアルミスリーブをかしめます。玉の穴を大きく開けすぎると、玉がアルミスリーブを越えて下がってきますので開け過ぎない様に。

次に16mm針曲げ用パイプを使って、3本のワイヤーを針にします。この際、外側に来る細い方のワイヤーはいったん写真と180度裏返して真ん中の針と反対に曲げてください。真ん中の針を曲げると邪魔になるので端の針を曲げれない。両端の針部分を曲げて作ったらもとに180度回してラジオペンチで位置調整。

針の部分にあるアルミスリーブをかしめます。この時、人差し指の所にあるアルミスリーブはかしめずにフリーにします。右の写真のように針の所にあるベロをフリーになる真ん中のスリーブのストッパーになる位置で調整しておけば、ワームだけ抜けていかずに済みますし、ワームの交換もできます。

ワームとスナップリングを付けて完成、いくつか作ってみましたが、針のバランス位置が毎回違ったものが出来ます。練習あるのみ(笑)

 

明石のタコ釣り、黄色でも緑でも白でもよく乗ってくれます。普通のエギでも良いのでしょうが、自作した物で釣れてれてくれると嬉しいですね。

 

おわり

 

-釣り
-, , , ,

© 2021 漂流人